Amazonギフト券を業者に買取してもらうと現金に換金することが出来ます。

賢く現金化!Amazonギフト券の売買で業者を使う方法とは

Amazonギフト券売買で業者を使う

不要なAmazonギフト券を現金に変えたい場合や、クレジットカード現金化目的で利用したい場合は、Amazonギフト券のEメールタイプがオススメです。
買取業者はネット中心なので、郵送不要でやり取りできるタイプは高換金率で来店不要のスピード取引ができます。
個人相手にヤフオクやメルカリで売る方法もありますが、詐欺やトラブルも多く、システム手数料も取られるのでオススメ度は低いです。

 

換金に適している商品

 

Amazonギフト券業者から購入する

Amazonギフト券業者から購入するイメージ

Amazonでお得に買い物をしたい時は、Amazonギフト券の販売や売買の仲介をしている業者を利用しましょう。
安いものでは定価の90%前後で購入できます。
ただし、ネット上でAmazonギフト券の売買を行う業者はカード決済に対応していなくて原則銀行振込になります。
クレジットカードのポイント還元を受けられない分も差し引いて計算しましょう。

 

また、第三者がAmazon公式サイトから買ったものは、不正入手やギフトコードを控えていて購入後に不正利用されるリスクがあります。
個人売買ではなく、不正利用されたときの保証が付いている専門業者を使う価値は大きいです。
ネットの売買業者からAmazonギフト券を買う時は、入手したらすぐにショッピングで使い切ってしまうことでトラブルリスクを軽減できます。
ネットで安く買って、それを転売して賢く換金しようと考える人もいますが、転売されたものをさらに転売すると、不正利用時に面倒なことになるのでオススメできません。

 

 

 

Amazonギフト券業者を使って売る(換金する)方法

Amazonギフト券業者で換金する方法とは

Amazonギフト券売買では、仲介と買取の2つの方法があります。
仲介の場合は買取よりレートが高いですが、買い手がつくまで現金が手に入りません。
不要なAmazonギフト券を売りたい場合など時間に余裕があればチャレンジしてみてもいいでしょう。
ただし、2~3%程度の手数料を業者に取られることと、書い手から見ても個人出品を買うのは不安があるので、業者の直売に比べて販売価格の相場は低めです。
結果的に買取してもらうのに比べて条件の差は微々たるものになってしまいます。
それでも、業者が仲介して保証も付けているので、ヤフオクやメルカリなどの個人売買で売るよりも効率的に売れますし手数料も安いです。
直売にこだわるのであれば専門の仲介サービスを活用しましょう。

 

買取は、Amazonギフト券情報を送ってすぐに現金を払ってもらえるメリットがあります。
しかし、買取業者はホームページで紹介している買取レートよりも低くなってしまうことが多く、80%を切る条件で売ってしまう事例も多いです。
仲介であれば出品中のものを見るだけで業者の規模や実績が分かりますが、買取の場合は公式サイトから見える情報が少ないので優良業者を見極めるのが困難です。

 

 

買取業者の再販方法

 

自社のネットショップで売るほかに、まとめて業者やバイヤーに卸売りする方法があります。
特に最近では在日中国人が大量買いする需要があるので、買取業者は強い転売ルートを持っているかが重要になります。
高額な売却になるほど、仲介では買い手がつきにくくなる一方で、買取業者は大口顧客の影響で高額利用になるほど換金率を優遇してもらえます。
業者を比較する際は、直販サイトの有無だけで判断してはいけません。